365 Days


D2BのBIG・GOLF&MIKE・内博貴が大好きなみなみの日記  
by golf-mike-love
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DIARY SPECIAL 3


昨日の映像の終わりで食料を買出しに行ったDan。
今日はその続きから。
食料を買ってホテルの部屋に帰ったDanは早速調理。
ラーメンが出来るまでの間に歌を一曲。
さっとギターを弾いて歌うDan。
いいなぁ~、これ(^^)
歌ってる曲は
「เข้าเข้งตังเองカオカン(グ)トゥアエン(グ)」↓↓

この曲はDanのドラマの'Hoy Aun Chun Ruk ter'の挿入歌のようです。
この歌がまたいいんだよね~~!!
MVでのDanの歌声にうっとりしちゃう♪
この曲はDan-Beamのベストアルバム「Miss U Album Vol2」に入っております。


翌日。
Danが着てる服って前日に買った服じゃないかな?
早速着てます(^^)
で、Danは中国のお寺にお参りに・・・。
このお寺のシーンもチラッと「マイスー」に出てきますね。

この日のDanは街をブラブラしながら楽器屋さんに寄ったり
中華料理屋さんに行ったりしておりました。
続く・・・。



で~~、今日から娘は修学旅行。
今朝は少し雪が降ってて路面がアイスバーンに近い常態。
でも何があっても学校に送り届けなければ!!
娘の友達も乗せていくようにしてたのでいつもの時間より相当早く出て
アップダウンの少ない道を通っていきました。
それでも絶対に避けられない坂道。
雪の量が少なかったせいで結構油断した人が多かったのでしょう。
横転したり側溝に突っ込んだり、
交差点でガードレールにぶつかったりする車を多々見ました。
あ、私は無事でしたよ~(^^)
雪は明日も降るようで。
折角のタイ語のレッスンをキャンセルせざるを得なくなりました(泣)
ああ~~ん、行きたかったよぉ。
今、高速道路は通行止めのところも何箇所かあり。
あ!飛行機も欠航してるようです。
これが朝じゃなくて良かった。
修学旅行に行けなくなるところでした。
危ない危ない^^;


息子は今日は学校は休みだったのですが
先生と進路についての2者面談があるとこのとで
午後に少しだけ登校しました。
実は来週に3者懇があるのです。
その時に進路の最終決定をするのですが
3人でもめないように生徒と先生は事前に打ち合わせ、というわけです。
まあ、うちはもめることはありませんけど(^^)
センター終わってからずっと進路の事を考えてました。
センターの結果が予想以上に悪かったもんで。
一番凹んでるのは私かもしれない・・・。
私はただ息子の希望に添うだけなんですよね。
息子が受験したい所を受験すればそれでいいんです。
でも、息子の希望の大学には行かせてあげたいから
やっぱり結果は気になるわけで。
昨日センターの結果を集計した予備校のデーターを息子が持って帰ってきました。
それを見た私は余計に凹んじゃった~~。
私がこんなに自信無くしてるから息子はどうなんだろう?って気にはなってます。
センター終わってもまだ必死で勉強してる息子。
息子は、2次も希望を捨てずに頑張るみたいです。
こうやって頑張ってる息子を見てて
私が諦めちゃいけないなぁ~なんて思います。

今日の2者懇。
みんなセンターの結果が悪くて自信なくしてるのに
息子は案外強気の発言をしたようです。
おっとり、穏やかな息子が案外芯の強い事を言ったので
先生もビックリしたようで(笑)
息子は2次で挽回しようと頑張ってます(^^)

息子の希望の大学ってまんざら0じゃないんですよね。
射程圏内ではあると思うんです。
高校に入ってずっとずっと頑張ってきたんだもん。
たった1回の試験で結果が決まるのは本当に悔しい思いがするんです。
センターの結果って、まだ半分。
2次であと半分頑張れる!
だからセンターの結果だけでは諦めちゃいけないですよね。
センターばかり気にして
ずっと行きたいと思ってた大学を諦めちゃあいかん。
もう、背水の陣ですけど悔いの無いように息子は頑張るようです。
結果がダメだったならそれはそれで諦められるし。
受験しなければ合格だって見えてこないよね。
宝くじじゃないけど買わないと当たらない。
受験も受けないと合格は無いわけで(笑)
どこの大学に行っても
今必死で勉強してる事は無駄にはならない思うんだ~。
とにかく後悔しないように精一杯頑張って欲しいな。
[PR]

by golf-mike-love | 2009-01-24 19:49 | D2B
<< DIARY SPECIAL 4 DIARY SPECIAL 2 >>